たかひら正明と見つめる岸和田

岸和田市政を中心に、議会や行政の情報公開をし、改善しています。

カンカン場の観覧席の足場は組めずとも、違法建築物な永野市長の接待観覧席は、今年も盛況でした。

カンカン場の有料観覧席が中止となった件は、これまでも書いた↓

 

カンカン場の有料観覧席が中止の謎。

 

有料観覧席のショバ代1300万円を、年番が受け取っていた、ヤクザ顔負けな話

 

私のもとには「お前、くるさるっど!(殺されるぞ)」などとの忠告も入っているが、手を付けた以上は、払い戻し期限が過ぎた頃に、再度追跡調査はする。

 

 

さて、今回は、「足場を台風で手配でき」ず、全国だんぢりファンが失望した有料観覧席がどうなろうと知ったこっちゃないわ!!

と、気炎を上げる永野“”無脳&ネコババ耕平岸和田市長の1億円はくだらないと言われる税金マネロン御殿の接待観覧席の話。

 

マネロンしたのは、孝男パパだけどね。

 

動画をお送りできないのは残念だが、これは中北町の恐るべきスピードでアウト側のどんす全員飛んじゃったやり回しを、祭礼の浴衣とタスキ姿で得意げに解説する永野市長である。

 

撮影は、孝男パパと言われる。

 

f:id:kurohata73:20181001223344j:plain

 

ここは例年、足場を組んで、接待接待かっぽれかっぽれとやっている、北町の紀州街道沿い、旧和泉銀行本店斜め前(和歌山&山側)にある、耕平妹の牧夫婦のお家の駐車場に建つ違法観覧席。

 

この土地については、以前ご紹介しております。

永野“不動産王”孝男のお宝紹介

家を建築する時に、接待観覧席を建てるため、紀州街道側を広く駐車場にしている。

今でも子どもを小学校に送った後は、夜まで帰ってこない、“寝るだけ御殿”だから、その駐車場を牧夫妻が使うはずもなく、新築当時、貸駐車場にしていたが、いつの間にか店子は出て行ってしまい、違法観覧席以外には使い道がなくなったようだ。

 

「違法」と書いているのには、当然理由がある。

観覧席として使用する場合、カンカン場の観覧席のような規模でなくとも、どんなに小さなスペースでも建築確認が必要なのに、永野観覧席は今まで一度たりとも建築確認申請が出された試しがない、違法建築物であるからだ。

 

罰則もある。

建築基準法98条 3年以下の懲役又は300万円以下の罰金

とまでは行かなくとも、
法99条 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
無確認建築物の建築 
検査済証無しの使用
完了検査、中間検査無申請または虚偽申請

施工者も
無確認建築物の施工または中間検査を受けない特定工程後の工事の施工
設計図書を用いず又は従わずに施工

に該当するおそれがある。

 

岸和田市建築指導課に、「確認申請が出ているか?」と問うと、「出ていません」と回答した。

 

課員全員が知らなかったはずはあるまい。

 

これは市民から「孝男パパの市議&府議パワー、耕平の府議&市長パワーを、職員が忖度させられた」と言われても仕方がない事例だ。

 

「必ず指導をするように!!」と、言っておいたので、後日、どうなったかを訊いてみよう。

 

自分のとこは足場を組めるなら、カンカン場で足場を組んでくれる業者紹介したれよ!!

 

 

ホンマ、市民が知んのをいいことに、一部の者だけが得をする街だぜ。

 

「たかひらは、重箱の隅をつついて・・・」などと言われるので、書いておく。

私は、市政の議論と遠い政治家の資質問題については、かなり甘めのチェックをしているつもりだ。

議員らには「誰が見ても丸見えなんじゃ!  万引きするなら、せめて店の隅でコソコソやれ! レジの台に載せてから、堂々と店員に『これ、万引きするわな』と宣言するように万引きすな!!」と常々言っている。

 

コソコソやれば構わないわけではない。

それでも、私が2014年に手を入れるまで、誰もこれまでチェックする人がなかった岸和田政界は、自民やネトウヨ議員は言うまでもなく、民主・共産までもが違法に乗っかる構図であった。

 

まさに議員天国である。

 

それを私が、市民に見られても違法ではないレベルにまで引き上げようとしている。

 

70点を80点にしようとしているのではない(そんな高レベルなら、嬉しいぐらい)。

5点や10点の赤点を、せめて60点の欠点を逃れる点数までにしようとしているのだ。

 

地方交付税交付金を投入されている以上、全国の払税者が「岸和田は議員天国でええがな」とでも言わん限り(言うはずがない)、60点レベルまでの引き上げは喫緊の課題なのだ。

 

それを私がやらねば、誰がやるのか?

と問うておきたい。

 

 

では、岸和田市議会の議員の悪事を一覧表にしています。
ぜひ、どれだけひどい議員がそろっているのかを、有権者として許せるのか、ご覧ください。