たかひら正明と見つめる岸和田

岸和田市政を中心に、議会や行政の情報公開をし、改善しています。

お忘れかもしれんので、公明がいかに汚い組織かを忘備録として示す。 その1

公表されていることばかりだが、公明の汚さを思い返してもらい、岸和田市中核市構想で維新と猿芝居を画策するのは、さもありなんと、その下地から理解してもらうために書いておく。

 

 

野党共闘安倍氏や維新は「野合」と言う。
ならば、そのブーメランをお返ししてみたい。
 

99年からの自公連携がなぜ始まったか

1.自民による公明攻撃に負けた公明

 

公明党自民党の補完勢力となったルーツは、1967年の佐藤栄作内閣時に始まる。
憲法擁護・安保反対を口にして、衆議院に進出してからわずか半年、自衛隊法・防衛庁設置法の防衛2法案に対して、
自衛隊の強化を目指した佐藤元首相からの3時間に渡る説得に池田太氏が乗り、池田氏の電話によって公明党が従い、主張とは正反対の対応となった結果、与野党の対決でもめていた参議院ですっと通ってしまう。
 
この佐藤・池田会談の場面は、『佐藤栄作日記』にあ る。
 
池田氏との3時間の会談」と言えば、安倍ちゃんも2006年9月のポンポン痛いから投げ出ちゃった内閣の際、自民総裁選と首相就任の1週間ほどの間に、池田氏と3時間に渡ってメモを取りつつ会談し、それが新聞各社に報道されても、国会では否定したっけ。
 
 
自民党の機関紙『自由新報』では、1994年には「墓をつくることで、集金している」といった集金方法など、20回にわたって激しい創価学会批判をしている。
自民を割って出た小沢一郎氏が公明とくっついており、自民が野党だったからだ。
 
安倍晋三氏や亀井静香氏らは、創価学会に反対する保守派の政治家、宗教団体などが設立した四月会(発音は「死学会」の意味)に属し、安倍ちゃんは「学会、公 明党は危険だ!」と罵っていた。
 
95~96年にかけては、内藤国夫氏と俵孝太郎氏が82回、学会批判を展開している。
 
その後、99年に公明党自民党に くっつき、与党となる。
当時、その仲介をしていたのが、野中広務氏だ。
 
そして、自民党議員は、学会票なしに当選できなくなる。
今、野中氏の役割を果たしているのは、菅義偉氏だ。
 
菅氏も90年代なかばには、同様に激しい学会批判をしていた。
その背景はこうだ。
1987年、横浜市会議員選挙に西区選挙区から出馬し、初当選を果たし、その後市議を2期務めた菅氏は、小此木彦三郎(自民)衆議員秘書の経歴を活かし、小此木氏の事実上の代役として、高秀秀信・市長の指南役として、「影の横浜市長」と呼ばれた。
 
2期の市議経験後、1996年の第41回衆議院議員総選挙に神奈川2区から自民党公認で出馬した彼の政敵は、新進党公認・公 明推薦の上田晃弘氏、旧民主党公認の新人、大出彰氏であったが、彼らを破って、初当選している。
 
祝勝会でも菅氏は、「自分が戦ったのは政党ではなく宗教団体だった、政教一致はけしからん!」と言ったそうだ。
 
 
2.日蓮正宗からの破門
前述1のような自民党の攻撃の中、創価学会公明党は敗北してゆく。
 
そのきっかけの一つは、1991年11月28日、日蓮正宗創価学会及びSGIを破門したこと。
学会は、門徒団体として宗教法人格を得ているのだから、これ以降、宗教法人適格がなくなっているのに、政治的配慮で免税などの優遇を措置を受け続けている。