たかひら正明と見つめる岸和田

岸和田市政を中心に、議会や行政の情報公開をし、改善しています。

安倍友軍団による性被害者へのセカンドレイプ 杉田水脈(自民)衆議員を筆頭に

2015年4月3日、伊藤詩織氏が自身の就職やアメリカの就労ビザについての相談のため、東京都内で当時TBSの政治部記者でワシントン支局長だった山口敬之氏と会食。

同日深夜から4日早朝にかけて飲酒後、薬を盛られたなどとして、ホテルでの準強姦の被害を訴えている事件。

 

伊藤氏は自ら名乗り出したが、2016年と2017年の二度、不起訴処分になっている。

 

ウィキから引く。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E8%A9%A9%E7%B9%94

 

2015年4月9日に伊藤は警視庁に相談、高輪警察署は同月末に準強姦容疑で告訴状を受理し、捜査を開始。

6月初めに逮捕状が発行されたが、2016年6月8日、成田空港において山口を逮捕する直前に当時の警視庁刑事部中村格が執行の停止を命じ、逮捕は行われなかった。

2016年7月22日、約1年4ヶ月に渡る捜査の末、東京地検が嫌疑不十分で不起訴処分としている。

週刊新潮での告発と記者会見
2017年5月18日と同月25日の2週に渡り、週刊新潮が伊藤の証言に基づき事件を報じた。

2017年5月29日、伊藤が検察審査会に不服申し立てを行い、「詩織」と名乗り、顔を出して記者会見を行った。

この直後に山口は、自身のFacebookで「法に触れることは一切していない」と反論した。

二度目の不起訴処分
2017年9月21日(公表は22日)、市民からなる東京第六検察審査会が「慎重に審査したが、検察官がした不起訴処分の裁定を覆すに足りる事由がなかった」とし、不起訴相当と議決した。

(引用ここまで)

 

2017年9月21日、伊藤氏は、東京第六検察審査会へも審査申立を行ったが、「慎重に審査したが、検察官がした不起訴処分の裁定を覆すに足りる事由がなかった」とし、不起訴相当と議決している。

 

更に刑事事件として不起訴が確定したのを受けて、2017年9月28日、望まない性行為で精神的苦痛を受けたとして、伊藤氏が山口氏を相手に1100万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしている最中。

 

これが通常の性被害でないのは、山口氏が安倍友であり、だからこそ養護されているのではないかと推測される周辺事情が見えること。

通常の性加害被疑者について、所轄の逮捕を本店のキャリアが止めることなど考えがたい。

しかし、中村格・警視庁刑事部長は、山口逮捕について直前に執行の停止を命じている。

 

この中村氏、

2012年12月に菅義偉内閣官房長官の秘書官。

2015年3月~2016年8月まで警視庁刑事部長。

警察庁に戻り、2016年8月より組織犯罪対策部長兼生活安全局付兼刑事局付兼官房付を経て、2017年8月10日より総括審議官兼警備局付。

 

この官邸に近い経歴を持つ中村刑事部長が逮捕状を止めた理由について、彼は『週刊新潮 2017年5月25日号』で「事件の中身として(逮捕は必要ないと)私が判断した。 (捜査の中止については)指揮として当然だと思います。 自分として判断した覚えがあります」と明言しながらも、その理由について説明を果たしていない。

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05260801/?all=1

 

また、山口氏自身も安倍番記者としての経験で書いた『総理』を上梓しているだけではない。

 

FLASH 2018年3月6日号』「安倍首相『疑惑の披露宴出席写真』を発見!」では、安倍首相が官房副長官を務めていた小泉内閣時代の2002年12月7日、都内の一流ホテルで開かれた山口敬之夫妻の結婚披露宴に出席し、楽しげに話す2人の写真が掲載されている。

 

 

山口氏は「安倍総理に最も食い込んでいるジャーナリスト」なる肩書きで活動してきたからこそ、異例の安倍首相の執務室での写真を表紙に使わせている『総理』を書けた。

その内容を

山口敬之を「番記者だっただけ」と捨てた安倍首相、どちらかがウソをついている  wezzy_com
2018.02.26
http://wezz-y.com/archives/52597

より引く。

 

以下のカギカッコの引用は、全て『総理』からのものである。第一次安倍政権時、安倍の辞任が取りざたされる中で、東京・富ヶ谷にある安倍の私邸に出向いた山口が、安倍とこんな会話を交わす。

「体調悪そうですから今日は早めに失礼しますね」
「あ、そう。帰国早々来てもらってお疲れ様だったね」
「これからはたまに電話しますから、ちゃんと出てくださいよ」
「電話嫌いの山口君らしくないね」

 とても親密な仲に思えるが、安倍首相が言うのだから、「それ以上のものでも以下のものでもない」の範疇なのだろう。

 

 ならばこれはどうか。
 2009年、中川昭一議員が亡くなると、山口の携帯に安倍から電話がかかってくる。

「お通夜に行くんだけど、一緒に行かないか?」
「もちろんです。ありがとうございます」

 山口は安倍の自宅で待ち合わせをして葬儀会場に出かける。会場につくと、親交のあった山口に対し、中川の妻が「主人に戒名をつけて欲しいんです」と申し出る。山口は「安倍さんに相談してみましょう」と返し、すぐさま連絡すると、安倍は「えぇ? 昭一さんの? そりゃ大変な役を引き受けちゃったね。どうするの!?」と驚きつつ、戒名を考えることを承知する。翌朝、安倍は山口に電話をし、考えついた漢字を伝えた。

 

 もういっちょ、これはどうか。
 オーストラリアのブリスベンに、財務省中央銀行総裁会議に出席するために訪れていた安倍は、14階にあるホテルの一室に山口を呼び出す。そこでこんな会話を交わす。

「よぉ、元気そうだね」
「そういう安倍さんも、生気が漲ってますね」
「そりゃ、明日の帰国早々衆議院解散を宣言するんだからね」

 ビールを口にした安倍と会話を続ける山口。安倍は立ち上がり、デスクに置いてあった原稿用紙を手にする。

「これ、あさって衆議院を解散する時の会見原稿なんだけどさ、ちょっと聞いてみてよ」

 安倍が読み上げる原稿は、「読み終わるまでに私の時計で16分少々かかった」。その様子について、「敢えてゆっくりと冷静に読み進める様子が、逆に安倍の気迫をにじませていた」と記す。最後まで聞き終えた後、山口は別の階にいる麻生太郎から呼び出され、その旨を安倍に伝えると、安倍は山口に「山ちゃん、ちょうどいいからさ、麻生さんが今何を考えているかちょっと聞いてきてよ」と言われた。麻生の下に出向き、葉巻を燻らせる彼と、「おい、ちょっとこっちで話そうか」「安倍から話を聞いているか?」と会話が始まる……。

 

こんな政商まがいのことをするのが番記者の仕事だと言うのか?

これができるのは、

山口氏、2002年から安倍首相の番記者をつとめ、携帯やメールで安倍首相と直接やりとりをし、官邸が元ネタと思われる「独占スクープ」を連発してきた、天海祐希似の“敏腕美人記者”と呼ばれるNHK解説委員で政治記者岩田明子氏、産経新聞論説委員阿比留瑠比氏と並んで、“安倍の太鼓持ち番記者三羽ガラス”とまで呼ばれるほどの有名人だけであろう。

 

山口や読売だけじゃない! 安倍べったり・NHK岩田明子記者の政権と一体化した“仕事”の数々、会長賞受賞にも疑惑が litera_web
2017.06.07
http://lite-ra.com/2017/06/-nhk.html

 

 

このような安倍友を背景とした暗躍が見え隠れするからこそ、現在進行中の民事訴訟が注目されるのだが、そんな中、安倍応援団は山口擁護にはしゃぐ。

 

 

1.

家族の希望で苗字を伏せていた詩織さんの苗字を暴くだけではなく、「詩織さんはシャツの胸元開け過ぎで説得力ない」「同情を逆手に取った売名行為です、女から誘って男がはめられた」「はい、詩織さん、左翼まわしもの確定ですね」 「売春婦」「朝鮮に帰れ」など罵詈雑言の書き込みを行った安倍バイトども。

 

2.

山口のことを擁護し、手記掲載の場を与えた雑誌『月刊Hanada』の編集長・花田紀凱

自身が出演する動画チャンネル「週刊誌欠席裁判」で、山口の手記にある、ホテルの部屋で伊藤が吐瀉したとする描写を受け、「そんな人をさ、強姦しようと思う? 普通。いやー、気持ち悪いですよ」と言い、伊藤を責め立てながら山口を擁護した。

その後、さすがに世に渦巻く違和感と怒りを感知したのか、山口を事件発覚前のように常連寄稿者として戻すことはしていない。

 

助成金を不正に受け取ったスーパーコンピューター詐欺事件で逮捕されたPEZY Computingの齊藤元章社長と山口の関係が取りざたされると、同チャンネルで、うやむやな対応に終始していた。

 

3.

山口氏がFacebookに公表した“セカンドレイプ的”反論に「いいね!」と賛同、擁護した安倍昭恵夫人。

 

4.

6月28日BBC放送の「日本の秘められた恥」と題する伊藤氏のドキュメンタリーをくさす、木走正水氏。

ひどくアンフェアなBBCドキュメンタリー「Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)」〜本件は現在法廷で争われている最中、真実はいまだ確定していない #BLOGOS
木走正水(きばしりまさみず)  2018年07月02日 19:08
http://blogos.com/outline/308374/

 

番組の内容はこちら↓

BBCニュース - 「日本の秘められた恥」 伊藤詩織氏のドキュメンタリーをBBCが放送 NEWS JAPAN
2018年06月29日
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44638987

 

5.

オッサン政治を養護するためにネトウヨ界から飼い主を変更して、安倍比例として飼われてきた安倍奴隷として本領発揮している杉田水脈自民)・衆議員。

TWでのはしゃぎと、政治家として説明もできていない姿を示す。
 
Retweeted acacia (@freie_Herz):
「仕事が欲しいという目的で妻子ある男性と2人で食事にいき、大酒を飲んで意識をなくし、介抱してくれた男性のベッドに半裸で潜り込むような事をする女性」
見てきたようなことを公に向けて書く根拠は?
国会議員が根拠なく一女性の名誉を棄損する発言をしてよいのか?
 
とのTWに説明してみよ!

杉田 水脈 認証済みアカウント @miosugita
8:39 - 2018年6月30日
杉田 水脈(すぎた みお) 公式ブログ : 【BBCが放送した伊藤詩織氏のドキュメンタリー「日本の秘められた恥」について(その2)】

磯山風  @isoyama_fu
6月30日 10:18
返信先: @miosugitaさん
ブログに書かれている事実認識は、殆ど間違い。不起訴の「司法判断」? 検察と司法の違いも分からずに議員やってるのか。

行政書士うすい法務事務所 @usuitakashi
7月01日2:07
起訴するかを判断するのは検察官ですが、検察官は行政庁であって裁判所で構成する司法機関ではありませんから、司法判断とは言いません。

 
杉田 水脈認証済みアカウント @miosugita
6月29日
8:55 - 2018年6月30日
杉田 水脈さんが杉田 水脈をリツイートしました
私は性犯罪は許せない!無理やり薬を飲まされたり、車に連れ込まれて強姦されるような事件はあってはならないし、犯人の刑罰はもっと重くするべきと考えています。
が、伊藤詩織氏の事件が、それらの理不尽な、被害者に全く落ち度がない強姦事件と同列に並べられていることに女性として怒りを感じます

御茶萬蔵 @hecobon
返信先: @miosugitaさん
8:57 - 2018年6月30日
ご自分のお子様が被害に遭ったとしても、同じことが言えるのか?


杉田 水脈 認証済みアカウント @miosugita
 14:50 - 2018年6月30日 場所: 兵庫 神戸市 垂水区
杉田 水脈さんが御茶萬蔵リツイートしました
もし私が、「仕事が欲しいという目的で妻子ある男性と2人で食事にいき、大酒を飲んで意識をなくし、介抱してくれた男性のベッドに半裸で潜り込むような事をする女性」の母親だったなら、叱り飛ばします。「そんな女性に育てた覚えはない。恥ずかしい。情けない。もっと自分を大事にしなさい。」と。
https://twitter.com/miosugita/status/1012936419159883777

杉田 水脈 認証済みアカウント @miosugita
6月30日 14:50
それが母親というものです。

 

 

ジュネーブまで出かけて「慰安婦なかった」と主張した挙げ句、国連人権委員会から全否定され日本の恥を晒した杉田氏は、
早く国際社会で持論の日本軍加害なかった論(日本の裁判所でも加害は、大阪弁護士会の誇るネトウヨ弁護士稲田朋美・元泣いちゃった防衛相によって事実認定されている)を展開して、辞職させられよ。